CATEGORY / 未分類

自己破産について

債務整理の最終手段として自己破産というのがあります。これについて説明していきますが、正直なところこれを行うことは非常におすすめしません。そのつもりで説明を参考にしてください。

まず、自己破産は「破産」という文字があるように破産を行うもので、全財産(生活に必要な最低額は別)を無くします。家や車などの高価なものはもちろん差し押さえされます。家具などは原則としては処分されません。また、カード会社などからはブラックリスト入りする上に、資格制限のある職業などに就けないなど結構多くのデメリットがあります。しかし、それだけのものがありますので、メリットの方も大きいです。そのメリットが借金全額を無くすというものです。かなり多額の金額でも借金をゼロにして新しく進むことが出来ます。ただし、メリットが大きくてもデメリットがいろいろとあり、よく考えて選択しないと非常に良くないので注意です。

特に自己破産後に更に自己破産は基本的に出来ないので、そのつもりでしっかりとやっていかないといけません。それと自己破産は手続きなどがありますので、しっかりと手続きをするようにしてください。デメリットが大きいですが、ここは新しい人生を送る事もできるので考え方によってはやってみるのも良いです。

その人に合った整理

債務整理ですが、しっかりと考えて整理をすることで借金が楽になる場合があります。しかし、借金を返済する人にあった方法を採らないと少々厄介なことになる場合がありますので、合っている債務整理を行うようにしてください。債務整理には3つの方法があります。任意整理と民事再生、自己破産というやり方があります。それぞれやり方が異なり、合う人が異なります。任意整理は交渉で借金を減らす方法、民事再生は裁判所を使った借金を減らす方法、自己破産は全てを無くしてリスタートする方法となっており、メリットも大きいのですがデメリットの方も結構大きなものもあります。

ですから、どうやって債務整理を行うかをしっかりと考えないといけません。特に自己破産は最終手段として取るもので、この段階まで来る前に対処したほうが良いです。それで任意整理と民事再生で行うのがおすすめです。特に任意整理は整理をすることで余分に払っている分を使って返済できる場合もあります。ですから、一度任意整理を行うことをおすすめします。

民事再生は住宅ローンの減額は出来ないですが、経済的に余裕のある計画を取ることが出来る人にはおすすめのものです。上手く行けばかなり楽に返済できるようになります。借金返済の無料相談が出来る「アディーレ法律事務所」のサイトにも記載がありましたが、民事再生の場合、借金の額によって違いますが、最大で10分の1まで借金を減額できる場合があるそうです。住宅ローンを除いたとしても、その減額はかなり大きいでしょう。このように自分に合っている債務整理を選択することでかなり楽に借金返済ができるようになりますので弁護士などに相談をしてどれが良いかをしっかりと理解して利用するようにしてください。

借金の債務整理

借金の返済が難しいや苦労している人が結構多くいることでしょう。そのような人に債務整理を行ってもらいたいです。債務整理は簡単に説明すると借金の返済について整理をするものです。これを行えば必ずというわけではないですが、整理の仕方によってはかなり返済が楽になる場合があります。また、場合によっては全額返済出来るということもある場合があります。また、返済困難でも茨の道にはなりますがなんとかすることが出来る場合もあります。ですから、債務整理を行ってみることをおすすめします。

債務整理は基本的に弁護士に相談をすることが始まります。債務整理には任意整理と民事再生、自己破産と言った手続きがあり、どれかを行っていきます。どれも返済について考えるもので、上手くいけばかなり返済が楽になります。まず、任意整理ですがこれは金利をなくして毎月の返済額を減額する方法で、整理によっては過払い金が発生する場合もあります。次に民事再生は返済困難であることを裁判所に認めてもらい、そこから減額された借金を3年から5年にかけて分割返済を行っていく手続きをするものです。そして自己破産は完全に借金を無くして新たな人生を送る方法ですが、幾つかの問題があります。ほぼ全財産を無くし、またブラックリスト入りするなどの問題がありますのでこれは最終手段となっています。このような債務整理の方法がありますので、弁護士に相談をして自分に適した方法で借金の返済を考えていくようにしてください。

loading
×